お中元・お歳暮

お中元・お歳暮は現金・商品券でもいいの?渡すときのマナーとは

 

お中元・お歳暮の時期、何を贈ろうか迷いますよね。

特に初めて贈る相手だったらなおさらです。

相手との関係性とか、相手の好みとか
考え出すと頭が痛いですね。

 

できるだけ楽に済ましたいと思うと
現金とか商品券というのが頭に浮かぶと思いますが
そういったものをお中元・お歳暮として渡すのは
アリなんでしょうか。

そこのところを細かくご紹介していきたいと思います。

お中元・お歳暮は現金でもいいの?

お中元・お歳暮で現金を贈るというのは
アリなんでしょうか。

 

結論をズバリいいますと、

お中元・お歳暮に現金を贈るのは
非常に失礼な行為なのでNG

です。

これはマナー違反ですね。
基本的にはダメです。

 

でも、基本的には、というのは
例外があるからです。

それは相手に現金にしてくださいと言われた場合などです。

習い事の先生、特に茶道や生け花などの
和の習い事の先生には多い
です。

 

生徒さんがいっぱいいて、
品物で貰うと溢れかえってしまって処理に困るから、とか、
そのお金を道具を買う資金などに充てるというとかいう理由のようです。

 

一方、カルチャースクールなどの場合は結構ドライで、
ビジネスとして教えているので一切受け取りません、
という人もいるようですが。

 

お中元・お歳暮を現金で贈るかどうかは
その教室で決まっていることが多いです。

先生からはっきり言われることもありますが、
そうでない場合は他の生徒さんにどうしているか
聞くべきですね。

 

お中元・お歳暮に現金を渡すときのマナーとは

では、お中元・お歳暮を現金で渡す場合は
どうしたらいいんでしょうか。

 

まず、いくら渡すかの相場ですが、
月謝の1か月分という場合が多いです。

他には月謝半月分とか、生徒さん全員で連名で渡す、
とかいうところもあります。

 

次に何に入れるか、ですが、
普通の封筒ではなく、
のし袋に入れましょう。

入れるのは紅白の蝶々結びののし袋です。
のし袋も色々ありますので、間違えないようにしましょう。

そして、のし袋の真ん中の上に
御中元や御歳暮や御礼と書きます。

そして、その下に自分の名前を書きます。

のし袋でなく、月謝袋で、という場合もあるようです。

 

中身はピン札(新札)を用意しましょう。
もしできなければできるだけきれいなものにしましょう。

ピン札は銀行に行くと交換してもらえます。

 

実際の渡し方ですが、
これはその教室によっていろいろありますが
直接手から手へということは少ないようです。

のし袋を
扇子に乗せて差し出す
とか
菓子盆に乗せて出す
とか
別に菓子折りを用意し、その上に乗せて出す
とか
あります。

その流派とか教室によって違ってきます。

いつ渡すかも、お稽古の後にとかタイミングがありますので
他の人に合わせましょう。

 

商品券を渡す場合は?

では、基本的に現金がダメなら、
商品券でもいいのでしょうか。

 

これは一般的には、目上の人には失礼とされています。

金額が一目でわかってしまうこともあり、
あまりよろしくないです。

 

現金の場合のように指定されたら商品券でもOKでしょう。

 

実は、マナー違反と言いつつ、
商品券は、貰ってうれしいお中元・お歳暮の1位なんです。

好みでないものを受け取るよりずっといいですよね。

ですので、贈るほうも比較的楽ですし、
できたら商品券にしてしまいたいですね。

 

商品券は現金の場合と同じように
紅白の蝶々結びののし袋にいれましょう

 

商品券の選び方ですが、

これは、
三井住友カードVJAギフトカード
JCBギフトカード
全国百貨店共通商品券
ビール券
お米券

などいろいろありますので
贈る相手がどんなものをよく買うかを考えて
選びましょう。

全国百貨店共通商品券などは意外と使えるお店が少ないようです

 

三井住友カードVJAギフトカード
JCBギフトカード
は使える場所が多く、
品物も自由
ですので迷ったらこれらにするといいですね。

この2つはネットでも買え、
のし袋に入れてくれて、
お中元・お歳暮といった表書きにも対応しています。

金券ショップで買うのも賢い方法かもしれません。

 

まとめ

現金や商品券は場合によってはアリだということが
わかって頂けたかと思います。

マナー違反という考えは古いものになりつつあるのかも。

その場合も相手を見て、マナーを守って、
失礼のないようにしたいですね。

お中元・お歳暮を手渡しする時のマナー・挨拶とは 最近ではお中元・お歳暮は郵送で先方に届ける というのが普通になり、 それをマナー違反という人もほとんどいなくなりました。...